フレームワーク|ビズスキル|ビジネスポータルアクシア

フレームワーク

フレームワークとは、過去の経験則からの分析を元にして作られた枠組みのことを言います。

皆さんがよく知っている例としては、マーケティングを行う際によく使われる「3C」とか「4P」という枠組みなどが有名です。

これらは既に様々に検証された上で作成された枠組みですので、このフレームワークを使用することで、誰にでも一定レベルの分析を行うことができます。また一からフレームワークを考える時間を節約できるというメリットがありますので、分析の時間がなかったり、枠組みを考える時間を十分にとれないときには非常に重宝します。

ただし、フレームワークは完全ではありませんし、時代が変わるにつれて様々な条件が変わることで、新しい枠組みでなければ対応できなくなってくることもあります。フレームワークに一致しない事象があったら実はそこが非常に重要なポイントの可能性もあります。

フレームワークに合わせてただ分析するだけでは充分ではありません。フレームワーク自身が調べたい分析の目的に合っているのか、またうまく当てはめられるのかはその時々の状況に応じて見極める必要があります。不足している部分を見つけたら、それを元に自分だけのフレームワークを見つけることができるかもしれません。ライバルに先んじることもできるかもしれませんので自分で探してみましょう。

下記には一般的に良く使われるフレームワークをご紹介しています。

フレームワーク一覧

企業を分析する際に使用されます。詳細

3c・3C 棒線

3Cに協力者の視点を加えて分析する際に使用されます。詳細

4c・3C 棒線

市場における占有率をどのように捉えるかを示した指標です。詳細

クープマンの目標値 棒線

企業戦略を作成する際に使用する指標の一つです。詳細

SWOT分析 棒線

会社の組織を分析する際に使用します。詳細

7S 棒線

商品が新しく市場に投入されてから、衰退するまでの流れを表す図です。詳細

プロダクトライフライン(PLC) 棒線

ある事象の大部分(80%)がごく一部(20%)によって成り立っているとする法則です。詳細

パレートの法則 棒線

プレスリリース一覧

PR

漫画フレームワーク
* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ