SWOT分析[ すうぉっとぶんせき ]

SWOT分析[ すうぉっとぶんせき ]

どのような時に使うのか
会社の経営の戦略を考える際に使用する


SWOT分析とは経営戦略を策定する際に使われる分析ツールです。

まず最初に企業の環境を内部環境と外部環境に区分し、
内部環境をさらに強み(Strength)と弱み(Weakness)、
外部環境を機会(Opportunity)と脅威(Threat)、
に区分して分析します。

SWOTの名前は各区分のStrength、Weakness、Opportunity、Threat
の頭文字をとったものです。

swot.jpg

内部環境
内部環境とは企業の経営資源のことであり、人材の質、組織力、技術力、研究開発力など複数の要素から総合的に分析します。

さらにその結果をプラス面である強み(Strength)とマイナス面の弱み(Weakness)に分けてさらに分析を行います。
強みをどのように活かすのか、弱みをどのようにして補うのか、あるいは改善するのかなどの戦略を策定します。

外部環境
外部環境は大きくマクロ環境とミクロ環境の2つから成り立っており、企業自身ではコントロールすることができません。

・マクロ環境
マクロ環境は政治的要因、経済的要因、社会的要因、技術的要因などのPESTフレームワークで分析します。

・ミクロ環境
ミクロ環境は市場、競合、サプライヤーなど企業に直接的に影響を与える要素を分析して導きます。

そしてその結果をプラス面を機会(Opportunity)に、マイナス面を脅威(Threat)に分けてさらに分析を行います。
機会をどのように活かしていくのか、脅威をどのようにして避けるのかなどの戦略を策定します。

漫画swot

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ