ブルー・オーシャン戦略[ ぶるーおーしゃんせんりゃく ]

ブルー・オーシャン戦略[ ぶるーおーしゃんせんりゃく ]

どのような時に使うのか
未開拓の市場を新しく開拓して行きたい
競争の激しい今の市場だけではこの先は非常に暗い

ブルーオーシャン戦略(Blue Ocean Strategy)とはINSEADの教授であるW・チャン・キム氏とレネ・モボルニュが2005年に発表した戦略です。

当戦略では価格や機能で血みどろの戦いを繰り広げなくてはいけない競争の激しい既存市場をレッド・オーシャン(赤い海)と定義し、未開拓の競争のない新しい市場をブルー・オーシャン(青い海)と定義しました。

そして既存の競争が激しいレッド・オーシャンで商品・サービスを提供するのではなく、ブルー・オーシャンである新しい市場に低コストで、高付加価値である商品・サービスを提供することで、企業は利益を高めることができるというのがこの戦略です。

具体的なブルー・オーシャン戦略を実行するためのツールとして、
「戦略キャンパス」
「アクション・マトリックス」
などのツールを提示しています。

戦略キャンパス
戦略キャンパスでは横軸に対象となる事業の競争要因を取り、縦軸にそのレベルの度合いを取ります。
そして競合企業も含めて自社がその中でどのようなポジションにいるのかを折れ線で表示します。この折れ線が他社とどの程度一致しているのかで自社の現状を認識することができます。それを元に次の「アクション・マトリックス」を行います。

アクション・マトリックス
アクション・マトリックスは具体的にブルー・オーシャンの新市場を作り出すための手法です。

既存の事業の各競争要因に対して、
「取り除く」、
「増やす」、
「減らす」、
「付け加える」、
という4つのアクションを行い、新しく商品やサービスを再定義しなおします。

上記の手法などにより新しいブルー・オーシャンを作りだしていくことで、企業は高い付加価値をもつ新しい市場を開拓できるとW・チャン・キム氏は言っています。

ブルー・オーシャンはすぐに同業他社が入り込んでくるためいずれはレッド・オーシャンになってしまいます。ただし、一番最初に新しい市場に入った企業は、初期に高い収益を上げることができ、競争が激化しレッド・オーシャンに市場が移り変わってしまっても、最初に市場を作ったというブランドが優位に働くと考えられます。

漫画BlueOcean

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ