AIDMAの法則とは[ あいどまのほうそく ]

AIDMAの法則とは[ あいどまのほうそく ]

どのような時に使うのか
消費者の商品・サービスの行動の流れを考えるとき
会社として消費者に対する広告・宣伝の仕方を考えるとき

AIDMAの法則とは消費者の商品・サービスの購入における購買決定の心理的プロセスを表したものです。アメリカのサミュエル・ローランド・ホールが提唱した仮説です。

消費者の購買決定プロセスを知り、今現在の消費者がどの状況に位置しているのかを把握することで、その状況に合わせた適切なコミュニケーションの方法を検討・実施することができるようになります。

AIDMA・アイドマの法則

AIDMAの法則は1.Atention(注意)、2.Interest(関心)、3.Desire(欲求)、4.Motive(動機)、5.Action(行動)の5つのプロセスから成り立っています。4のMotive(動機)はMemory(記憶)と置き換えられることもあります。

1.Atention(注意)を認知の段階、2.Interest(関心)・3.Desire(欲求)・4.Motive(動機)を感情の段階、5.Action(行動)を行動の段階と言います。

1.Atention(注意)

最初の状態は消費者は全く何も知らない状態です。この段階では消費者に商品やサービスを知ってもらうこと、つまり認知してもらうことが目標です。

2.Interest(関心)

次の状態では消費者は商品・サービスを知ってはいるけど、関心や興味を抱いていない状態です。この状態ではどのようにして消費者に商品やサービスへの関心を持ってもらうかが重要です。

3.Desire(欲求)

この状態では関心や興味は持っているけれどもまだ欲しいという欲求にまでは至っていない状態です。いかにして消費者に欲しいと思わせるかが今の状況でのポイントです。

4.Motive(動機)

興味や関心は持ったんだけど商品・サービスを購入したいなという動機の段階にまでは至っていません。どのようにしてこの動機を持たせるかが大事です。

5.Action(行動)

最後は動機までは持ったのだが実際に購入するという機会を持つには至っていない状況です。一番重要な購買という行動を起こさせるための施策を消費者に提供する必要があります。

漫画AIDMA

PR

* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ