4C[ よんしー、ふぉーしー ]

4C[ よんしー、ふぉーしー ]

どのような時に使うのか
○○社に関する市場の情報を集めて欲しいと上司に言われたとき

4Cとは、市場環境を把握するために使われるフレームワークであり、3CにCo-operator(協力者)を加えたフレームワークです。
4Cのフレームワークは、1.Customer(顧客)、2.Competitor(競合)、3.Company(自社)、4.Co-operator(協力者)の4つに区分されています。
4つの区分ごとに分析を行い、それにより市場環境全体の構造を把握します。

4c・4C

1.Customer(顧客)

商品・サービスを提供する顧客の分析は非常に重要です。顧客分析においては「顧客のニーズ」がどこにあるのかを知る必要があり、さらには顧客の属性や特徴など顧客をきちんと捉えておかなければなりません。

分析項目・・・顧客ニーズ、顧客属性、顧客の特徴など

2.Competitor(競合)

競合の分析は競合企業の選定をまず行います。次に市場における競合企業の戦略や打ち手を分析し、さらには相手の強みや弱みを分析します。

分析項目・・・競合企業の選定、競合企業の戦略・打ち手、競合企業の強み・弱みなど

3.Company(自社)

自社の分析の際は、まず自社の市場シェアや、市場における戦略・打ち手を確認する。さらには自社の強みや弱みを分析し、その中で自社の人材・製造・資金などの資源に関しても確認します。

分析項目・・・市場シェア、自社の戦略・打ち手、自社の強み・弱み、人材・製造・資金など

4.Co-operator(協力者)

協力者の分析は、自社と関わる全ての関係者の分析を行います。

分析項目・・・製造業者、流通業者、広告代理店、アウトソーシング会社など

漫画4c

PR

漫画4c応用編
* * *

ホーム | メルマガ登録 | お問合せ | 友達に教える | サイトマップ